オタゴ・デイリータイムズの最近の読み物によると、Facebookは最近カリフォルニア州パロ・アルトの構内に、慈しみと利他主義の背後にある科学を分かち合うために専門家たちを招待した。

スタンフォード大学慈しみ研究所とカリフォルニア・バークレイ・グレーター・グッド科学センターの研究者によると、人間にはもともと慈しみ深い行いをするようにできており、より良い資質が作動する時、オキシトシンやドパーミンのような心地よく感じる神経伝達物質により生理的に元気付けられる。

聴衆の中で、エンジニアたちは熱心に社会的つきあいを人間らしくするアイデアを聞いていた。Facebookは、特に若いユーザーの間で必要とされている大衆規模で社会的な感情に関するスキルを高めるための「大きな機会」となるところの科学的アプローチに興味を持っている。イベントで一人の専門家は言った。

トークの後、この会社は、人々をつなげるのを助ける感情をつたえる「ソーシャルレポーティング」ツールを向上させた。「彼らはもっとエンパワーされたと感じ、友達はもっとマインドフルになる。」と彼は言う。「みんながここから学びます」それは、Facebookのエンジニアリング・ディレクターのアウトロ・ベジャの注意をひいた良い行いの利点の裏にある科学である。

地球の慈しみチームは、慈しみ練習カードのパックを彼に発送した!