「何か不可能な水準によって生きようとする代わりに、私たちはシンプルに慈しみと健全さの方向へ進むことを意図します。私たちが間違わないというわけではありませんが、それでも自分を立ち上がらせ、前に進み続ける術を知っています。」ハリー・パルマーの新しい本「アバターの道—私たちが歩んだ道」より抜粋。